まずは調べてから

代表印イメージ

「代表印とは、何の事か説明出来ますか?」

そう聞かれたら無知の私は、

「きっと、何かを代表する時に利用する印鑑の事でしょうか?」

と言ってしまうでしょう。

説明にはなっていないアバウトな発言の上、かなり間違っています。
最近、代表印とは何なのかを、調べなければいけない機会を頂いたので、インターネットを使って色々とお勉強をしたのですが、ネット社会は本当に便利なもので、様々な知識を得る事が出来ました。

さて、代表印とは何なのか?
その正解をまとめるとこのような答えになります。

「代表印は、新しく法人の仲間入りをする時に、法務局に届出をする印鑑の事です。」

これがパーフェクトな説明と言えるでしょう。
ではもっと詳しく代表印の話を掘り下げて見ましょう。

代表印は、会社の印鑑つまり実印なので、会社にとって命とも言えるとっても大切な印鑑です。 別名、役職印とも言うようです。

個人の印鑑も、押印することで何かの責任が生じたり、何かの権利を証明したりしますけど、それが会社となると、会社全体に関わってきますので、同じような関係性があります。

印鑑と人生はつながっていると、つくづく思います。

代表印は、何か会社を設立する時は、必要になる大切なものですし、せっかくなら、会社を象徴する印鑑として、高品質の素材で作りたいと考える人もいると思います。

社長が女性なら、色付きでおしゃれに作りたいと感じるかもしれません。
そんな風に、素材や印鑑の形や書体は様々あって、選ぶ楽しみもあるのですが、代表印としてふさわしいとみなされているのは一般にどんなものなのか、まずは調べてからの方がよさそうですね。

ページの先頭へ