最高級だと言われている印材

代表印イメージ

代表印とは何でしょうか?うまく答えられますか?
私も少し前までは、代表印とは何かをうまく説明できませんでした。

でも必要に駆られて、インターネットなどで調べるとありがたいことに、色々な事を知る事が出来て、勉強になりました。

代表印とは、新しく法人を設立する時に必要な印鑑のことのようです。
法人の印鑑、つまり実印の事ですね。

会社には沢山の人がお勤めになっていますので、個人で使う印鑑の頻度と比べると、ずっと多いでしょうね。

もちろん、重要な書類に押印する頻度も多いでしょうから、簡単に欠けてしまったり、変形してしまったりしないよう、素材が高級なものが多いでしょうね。

もし代表印を作るとしたらどんな素材で作ったらよいでしょうか?

最高級だと言われているのは象牙です。
今は象牙は、貴重な素材とされていて、滅多に手に入りません。

なぜかご存じですか?
今は象牙を取る事がワシントン条約により制限されたからです。

とは言っても一時期は、密猟犯によって象が激減し、ある国では85%の象が被害にあったと言われていました。

私は、動物の中で象が一番好きなので、象牙の為に子供からお年寄りまで多くの象の命が奪われた事を考えると複雑な気持ちです。

しかし、象牙は印鑑としては優秀です。
劣化せず、反対に使えば使うほど艶が出てきます。

古代遺跡に象牙がそのまま残っていたという話もあるくらいです。
今は手に入らないと言う事は残された貴重な象牙はわずかかもしれません。

ぜひ象牙手作られた、丈夫で強い代表印を長年愛用してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ