無くてはならないもの

印鑑イメージ

印鑑って、様々種類があります。
誰でも一度は使用した事があるものです。

特に宅急便などお届けものが多い人にとっては、日常茶飯事でしょうね。
私は、会社に勤めていても家にいても、宅急便を受け取る頻度が多いので、個人的に気にいって長く持ち歩いている印鑑があります。

それはペンのお尻の所にシャチハタがついているものです。
蓋が付いているのでちょっとした手間はありますが、胸ポケットに入れておけば取り出しやすいですし、ペンとハンコが一体化されているのが、何よりも魅力です。

ここで質問です。
サインをする時はペン派ですか?ハンコ派ですか?
外国人はペンでサインしますが、日本人はペンよりハンコでサインする方が楽のようです。

英語は筆記体でさらっと書けますが、漢字は一角ずつ丁寧に書かなくてはいけないので、そう感じるのは仕方ない気もします。

かと言って、日本人が英語でサインするのは抵抗があります。
芸能人のようなサインを考えておけばいいのでしょうが、それを日常使うのは恥ずかしいです。

そう考えると日本人にとって印鑑は、無くてはならないものです。

会社の実印である代表印も、会社にとっては無くてはならないものです。
法務局に届け出を出した時点から、責任も権利も増えたと言う事です。

会社の顔としてその代表印は世の中を闊歩していくわけです。
しかし現状では、印鑑が良いものにも悪いものにも、使われています。

印鑑一つで人生が変わってしまう、この世の中はある意味怖いので、体表印はもちろん、シャチハタであっても、大切にしたいものです。

ページの先頭へ